デンタルBLOG

無歯顎(総義歯)の人は、非ヘム鉄の摂取が低い

非ヘム鉄は、食事から摂取する鉄の85%以上が非ヘム鉄だそうです

ヘム鉄と非ヘム鉄

ヘム鉄:豚肉・牛肉・鶏肉など 内臓およびレバーペーストなど カツオ、いわし、マグロなど(血合いの部分が特に多い)

非ヘム鉄:卵 しじみ、あさりなど 大豆、あずき、ココアなど ほうれん草、小松菜など ひじき、海苔など

やはり、いろんなものを満遍なく食べないといけませんね

 

 

  • 掲載日:2016年7月11日

カルシウムの話

無歯顎(総義歯)の人に多いカルシウム不足

★カルシウム:骨を作るにはマグネシウムとコラーゲンが同時に必要

食品多様性を維持しましょう。

骨はコラーゲンとカルシウム、マグネシウムがあるから、強くて丈夫になれるんです。

例)

鉄筋コンクリートなら

コンクリート(カルシウム・マグネシウム)

鉄筋(コラーゲン)ビタミンCが必要です。

 

  • 掲載日:2016年7月10日

必須アミノ酸はすべて必要

必須アミノ酸

  1. ェニルアラニン
  2. イシン
  3. リン
  4. ソロイシン
  5. レオニン
  6. スチジン
  7. リプトファン
  8. リジ
  9. チオニン

フロバイス ヒトリジメ

なにか1つでも欠けたらタンパク質が合成出来ないのだそうです。

主食(米・小麦)リジン不足なので

リジンを多く含む食材が必要です。

リジンを多く含む食材:牛乳・大豆・肉

まんべんなく食べましょう。

  • 掲載日:2016年7月9日

低栄養:タンパク質不足

食べ物であふれるこの日本で栄養失調の人が増えている!!

先進国の栄養失調とは「タンパク質不足」のこと。

 

タンパク質不足:

  • 赤血球の材料が少ない→「貧血」
  • 血管を作る材料が少ない→「脳出血」
  • 免疫細胞を作る材料が少ない→「肺炎」「結核」
  • 筋肉を作る材料が少ない→「転倒」→「骨折」

三大栄養素のバランスが悪いと危険ですね。

三大栄養素:脂質・タンパク質・炭水化物

なんでも均等に食べましょう。

  • 掲載日:2016年7月8日

高齢者のサルコペニア肥満が危険

サルコペニアってなに?

筋肉量が減少→体力の低下・生活機能の低下

プラス肥満が危ない

BMI:25以上は、心疾患、糖尿病、脳卒中などの危険因子

高齢者になる前から筋力アップと肥満には気をつけたほうが、良さそうですね。

  • 掲載日:2016年7月7日

糖質中毒

脳の血糖値が急速に下がると空腹感に!

炭水化物(糖質)を食べると

膵臓から急速にインシュリン過剰分泌

甘いものを食べれば食べるほど急激におなかがすいてしまう。

だから、糖質中毒なんですね!

甘いものを辞めると痩せられそうですね。

  • 掲載日:2016年7月6日

高GI値はすぐにお腹がすくので食べ過ぎてしまう

GI値が低いほうが

じわじわ血糖値が上がるのですぐにお腹がすかない。

GI値高い→より肥満に

GI値低い→痩せていく

歯だけではなくダイエットにも良さそうですね。

  • 掲載日:2016年7月5日

GI値は60以下が良いようです。

精白米

食パン

フランスパン

ベーグル

うどん

パスタ(乾)

クロワッサン

コーンフレーク

ケーキ・マフィン

赤飯

ロールパン

もち

 

81

91

93

75

85

65

70

75

75

77

83

80

 

 

玄米

小麦全粒粉パン

ライ麦パン

ピタパン

日本そば

パスタ(全粒粉)

中華そば

オールブラン(シリアル)

春雨

 

 

 

55

50

58

55

54

50

50

45

26

 

 

 

低GI値は虫歯予防にもなるそうです。

 

 

  • 掲載日:2016年7月4日

う蝕と糖尿病の関わり

虫歯予防(ステファン・カーブ)

メタボリックシンドローム予防(グリセミックインデックス)

両者は似ている。

 

虫歯になる甘いものは避けましょう。

GI値上がるものは避けましょう。

似ていますね。

甘いものは控えめに!虫歯予防にも糖尿病の予防にも大切です。

  • 掲載日:2016年7月3日

歯を守る栄養学;歯数が少ない人の食事の特徴

こんな食事をしているために、歯がなくなっちゃうかもしれません。

  • 芋類、穀類を多く食べる(歯がないからお芋ばかり食べる→お芋ばかり食べるから歯が無くなっていく!!)
  • ナッツ(種実類)が少ない
  • 果物が少ない
  • キノコ類が少ない
  • 魚介類が少ない
  • 肉類が少ない
  • 牛乳・乳製品が少ない
  • お茶、紅茶などの嗜好飲料が少ない

抗酸化物質をとると良いそうです。

歯が無いから食べないのではなく、食べないから歯がなくなると考えましょう

ナッツは、ジュースに入れましょう。

エネルギーが偏ってはいけません。いろいろな食品から均等に摂取が望ましいそうです。

肉を食べないと細胞が再生できない。

いろいろなものをまんべんなくいただくのが、健康にも歯にもよいようですね。

 

  • 掲載日:2016年7月2日