診療案内

削らない治療 ドックベストセメント(Doc’s Best Cement)

従来の虫歯治療は、虫歯になってしまった部分を完全に削り除去(神経に達していれば神経を取る)する方法がとられています。

神経をとってしまうと痛みやしみを感じなくなってしまい、知らず知らずのうちに虫歯に再感染し進行してしまうことがよくあります。

ドックベストセメント(Doc‘sBestCements)とは?

アメリカで開発された、今までのむし歯菌を削って治すという発想とは全く違う、”虫歯菌を削らないでミネラルで殺菌する”という画期的な治療法です。この治療法は、アメリカ最大の歯科関連団体であるADA(アメリカ歯科医師会)において安全な薬剤として許可を受け、アメリカでは一般的に用いられています。

ドックベストセメント

具体的には、鉄と銅を主成分にした殺菌力のあるドックベストセメントを虫歯に塗り込んでいきます。その結果、その虫歯は殺菌され徐々に再石灰化という現象により、徐々に硬くなって治癒していきます。

殺菌され、再石灰化した虫歯部分は無害なものになるので、削る必要がありません。そのため、あまり削らなくてすむ治療ができるのです。

◆ご案内資料はこちら

ドックベストセメントの紹介動画

ドックベストセメントのメリット

●虫歯をすべては削らない

●歯髄(神経)を残すことができるので歯の寿命が長くなる

●菌を無菌化するので、治療後に内部から虫歯になる可能性が低い

●1回の治療で洗浄・銅セメント充填まで通しで行うため、治療時間・回数が従来の治療法に比べ少ない

●治療工程での痛みが激減(削る時の痛みが減るので)

●歯質(軟化象牙質)が硬くなる。

ドックベストセメントのデメリット

●保険適用外(自費)での診療となります。そのため、ドックベストセメントを行った歯に詰める詰め物も保険適応外となります。

●痛みが強い・激しい歯には効果を発揮しない場合があります。事前診察のうえ、判断させていただきます。

●変色した虫歯でも削りきらないため、審美的な観点からお勧めできない箇所があります。